Ceres Colony Cavalier by Tony Rodrigues



Published
Interview with Tony Rodrigues author of the best selling book
Ceres Colony Cavalier (Dec30th 2022)
In 1982, at age 10, Tony Rodrigues began 20 traumatic years as a slave owned by an Illuminati family that inducted him into multiple programs that included the drug trade, child sex trafficking, and secret space programs. The final 15 years of his ordeal was spent on Mars and Ceres as a slave.After twenty years, he was retuned to his bed in Michigan at the age of 10.
Tony has since been an advisor to a foundation on the pedogate elite practices in an effort to stop human trafficking and has worked with hundreds of people with similar types of memories.

Tony Rodrigues
https://www.tonyrodrigues.com/

Interview done by Miyoko on the 30th Dec. 2022

佐野美代子がトニー・ロドリゲス氏に聞く(12月30日2022年)
「セレス・コロニー・キャバリア」ベストセラーの著者

1982年、10歳のとき、トニー・ロドリゲスはイルミナティ一族に所有される奴隷として20年のトラウマを抱え、麻薬取引、児童性売買、秘密宇宙計画などの複数のプログラムに参加させられた。最後の15年間は、奴隷として火星とセレスで過ごした。
20年後、彼は10歳のときにベッドに戻された。
以来、トニーは人身売買を阻止するために、エリート教育財団の顧問を務め、同じような記憶を持つ何百人もの人々と協力してきた。

英語がわからない方は字幕はしばらくお待ちくださいね。

https://amzn.to/3WtRt9O
1月19日発売予定
応援、ありがとうございます。
Category
Job
Be the first to comment